視力回復に関する情報が満載!

簡単にできる視力回復トレーニング

ここ数年スマートフォンやパソコンの普及により、ドライアイの患者数が急増していると言われています。
ドライアイが原因で視力低下している場合もあるので、ここでは簡単にできる視力回復トレーニングについて説明します。
まずはたったの5分でできるトレーニングとして、毛様体筋トレーニングがあります。
1つは遠近体操法といい、遠くと近くを交互に見る事で毛様体筋を動かし緊張をほぐします。
もう1つは遠方凝視法といい遠くの一点をじっと見つめる訓練です。
家でも外でも簡単にできるのでお勧めです。
その他にもつぼ押しは血行が良くなるだけではなく老眼や白内障の予防にも効果があるとされています。
あとよく耳にするのが蒸しタオルですが、タオルを水につけレンジで30秒程温めたものをまぶたの上に5分ほど置きます。
目の血行を良くすることで毛様体筋の緊張がほぐれます。
以上、ここで説明したものは時間やお金を掛けずに簡単にできるのでぜひお試し下さい。

毎日簡単視力回復トレーニング

最近、パソコンのしすぎで視力低下が気になる人も多いのではないでしょうか。
目薬等でドライアイを防いだり、ブルーベリー等のサプリメント、涙生成に欠かせないビタミンAを含むうなぎや目の周囲の筋肉を和らげる働きのあるビタミンBが豊富な豚肉、大豆、卵、マグロ、チーズ等を摂るのもよいですが、視力回復トレーニングもおすすめです。
私たちの眼の中には、水晶体と呼ばれるレンズがあり、眼の筋肉を動かす事で、水晶体の厚みを変える事が出来ますが、同じ所ばかり見つめていると筋肉が硬くなってしまい視力低下がおこる為、定期的に眼の筋肉を動かし柔らかくしてあげる必要があります。
遠くの風景や夜空をしばらく見つめたり、遠近を切り替えて見る練習、目をつむった状態で、眼球を上下左右、8の字等動かしてあげる事で、視力回復につながると言われており、日頃フルパワーで働いてくれている目を労わる意味でも毎日数分取り組んでみるのはいかがでしょうか。

Favorite

2017/4/28 更新